スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエールドロンサールに2番花の蕾が!

バラ・ピエールドロンサール
06 /21 2012
仕事場にあるピエールドロンサール、昨年の秋の終わりごろ、見切り品として売られていたのを
お迎えしました。
とても立派な株でしたが、木立ち状に50センチくらいカットされていました。

それでもこの春はそれはもう見事に花を咲かせまして、思う存分楽しませて
もらいました。
一季咲きだし来年の花はどんなふうに咲くのかなぁなんて夢は広がる広がる




DSC_867620120621.jpg



ただ、出来ればつる仕立てにしたいのに、短く剪定されていて木立ちバラのようで
花後の茎に新芽がたくさん出てきてはいるものの、シュートも出ない様子。

思い切って大胆な剪定をしてみればシュートが出てくるかもっ
などとわりと軽い気持ちで考えておりまして、そろそろ剪定してみようかなぁ
と思っていたところ・・・・







良く見てみれば、その新芽の先に蕾発見
びっくりしてすべての新芽の先をチェックしたところ、見事にみんな蕾を
つけているではありませんか

大胆な剪定をしなくて良かったぁ~


DSC_867420120621.jpg


「えっでも2番花が咲くと言う事は、君はピエールドロンサールでは無いということ
でもあの花の姿は間違いなくピエロンだったよねぇ~

すぐにインターネットで調べました
なになに株が充実してくると返り咲くこともあるとっ


おぉ~嬉しいではありませんか
また、花が見られるのですね。今度は大きなガバガバの花じゃなかったら
良いなぁ


あぁでも、やはり花が咲くということはつるは伸びないという訳で・・・
なかなか思い描くようには行かないものですね~


でも、頑張ってこれからまた花を咲かせようとしてくれているのを
楽しみにしましょう

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。