スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントンのパパを求めて三千里

アントンの日記
02 /25 2006
DSC06632.jpg
こんなパパかもしれませんね。


DSC06634.jpg
毛の長いタイプもありえるな

しかし、外猫なのにどの猫もおとなしかったな

コメント

非公開コメント

とろろさんへ

そうなんですね。長毛は人気があるんですか。
この子達はたぶん地域猫的に飼われています。
とってもなつっこい子達が多いですよ。
まぁ、うちのアントニオも拾った子なんですが
パパさんらしき猫さんはたっくさんいます。
同じ柄の子を見ると「あっ!アントンパパ!」
と思ってしまいます。

小鉄さんちの周囲もノラさんいっぱいなのね。
私長毛の仔猫ぐらいの猫をみつけると
どうしても捕まえたくなるのよ~
だって、小さければ里親さんが見つかる可能性大!
ってなわけで、いつも猫まみれなわけ~v-290

って、パパはみつかったのかしら?

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。