スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菖蒲湯に入ろう

手作り石けん&コスメ
05 /05 2009
毎年、覚えていれば5月5日に菖蒲湯に入るようにしています。
いつも近所のスーパーで山盛り売られているものを買っていたのですが近所のお花屋さんと話をしていたら、本当の菖蒲は根っこのところがとっても良い香りがして邪気を祓うと言われるけれどスーパーで売られているものは肝心の根っこの部分がないものが多いと言うことを教えてもらいました。そう言えば最近はまっているインドハーブでも菖蒲の粉(ベカンド)をオイルに混ぜてマッサージをすると血行を促進し、緊張をほぐすとされています。
で、長くなりましたがこれがその近所のお花屋さんで購入した菖蒲。
IMGP086120090505.jpg
確かにスーパーのものより根っこの部分に近いところが多くあります。
が、想像していたよりは少なかったです。もっと根っこがついてるのかと思った~。
で、これを数日干すのが良いとのことなので干しました。




3日ほど干してくるくるっと巻いてお風呂に入れるのだとか。こんなんでしょうか。
IMGP087720090505.jpg
今までは長いままで、干さずに、それで体をペシペシすると良いと聞いていたのでそのとおりにしていましたがこうやって丸めるとそれができないことに気がつきました。今年はペシペシはなしです。いつもアントンさんにもペシペシしていたんですがそのお楽しみもなしですね。
ちょっと寂しい気がしますが、今夜はそんな菖蒲湯を楽しみたいと思います。


追記(2009/05/05 17:00)
大きなミスが発覚しましたので大急ぎで訂正します。今日何気なく菖蒲湯の作り方を検索していましたらまったく方法が違うことが判明!
「菖蒲を軒先に吊るして厄払い」と言う厄払いの方法もあるとのことですが、菖蒲湯はそれとは別で、生のものを刻んで入れるだとか!お花屋さんはきっと干したものを有効利用するための方法を教えてくださったのでしょう。ですが乾燥したものをお湯に入れるよりも生のままのものの方が数倍良い香りがするとのことです。
今回は根付き菖蒲を手に入れ花屋さんの言うとおりに大事な菖蒲を乾燥させました。軒先に吊るして干したものと残り一部は電子レンジでチンまでしてしまいました!!!
電子レンジで加熱中、「確かになんか良い香りがする」なんて言ってました。とほほ・・・。



大急ぎで新たに購入してきました。少しちぎってみると・・・!
めっちゃええ香りや~!びっくり~!なんていうかちょっと柑橘系のなんとも言えない
良い香りが~!早くこれをお風呂に入れて入りたいものです!

以下、正しい菖蒲湯の作り方です。参考まで~。
湯の国webより

5月5日の子どもの日は「端午の節句」でもある。
また「菖蒲(ショウブ)」は、「勝負」や「尚武」に通じることから、江戸時代から男の子の出生を祝って、端午の節句に菖蒲湯に入ることが習慣になったといわれています。
菖蒲の長い葉は、強い香気があるので、この香りの強さが不浄を払い、邪気を遠ざけてくれるといわれています。

ひまわりクイーン健康オーケストラ

この菖蒲は、サトイモ科の植物です。あやめ、カキツバタ、花菖蒲など見た目のきれいなものは、アヤメ科の植物で、菖蒲の効能効果はありません。

菖蒲には、アザロン、オイゲノールなどの精油成分が、多く含まれていますので、
そのまま、または葉を刻んで綿の袋、和紙袋にいれたものを、熱湯に浸して精油成分を抽出し、
その熱湯ごと浴槽のお湯に注ぐと菖蒲湯の出来上がり。

葉や茎の精油成分によってアロマ効果があるのに加えて、血行促進作用によって、冷え性や腰痛・筋肉痛・神経痛に効果が期待できるそうです。

また、菖蒲は葉より根のほうが効果があります。サトイモ科のショウブやセキショウの根茎を乾燥したものを菖蒲根と言って、胃炎・発熱・ひきつけ・創傷に、鎮痛効果があると言われているそうです。

菖蒲には軒先に吊るして邪気を祓うというのもあるそうです。

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。