スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿が糸に。糸がかごに。

アントンの日記
03 /13 2008
DSC000962080312.jpg壊れたデジカメをふと触ってみたら動いたので撮影してみたら案外とコンパクトで扱いやすく、アントンさんも警戒しない様子でカメラ目線で猫っぽくかわいこぶりっこです。

日付とか入るの消し方がわからないのでそのままなのがちょっと昔風。






DSC0009720080312.jpg天気も良く気温も高くてお日様と仲良しのアントンさんです。この後ベランダに出て「ぴきゅーっ!」と赤ちゃん声でひと鳴きです。ベランダに出ても私がついてこないと必ず赤ちゃん声で「ぴきゅーっ!」です。声しか聞かなければずっと子猫のいる家のようです(笑)






DSC0009220080312.jpgできるかなのごん太くん風の写真も撮れました。




DSC0011020080313.jpgジャッカルさんはお風呂の後は靴下をすぐに履かせずに運動です。運動中は靴下をはいていなくても足のことは気にならないのか爪齧りもしません。そのかわりにこんなかんじでずっと追いかけてきます。で、追いつくと足や手をペロペロ。
昨日は寝転がっていたアントンさんのところに行っていきなり鼻にチュッと!その時のアントンさんの顔といったら忘れられません。一瞬びっくりして目が点になり体も動けずなんとも照れくさそうにしながらその場を立ち去っていきました。でもその後牧草を食べているジャッカルさんの顔をものすごく間近で何度も覗き込んでいました。ちゅーのお返しをしたかったのか?




DSC0012120080313.jpgいつも陽気なジャッカルさん。下半身を引きずりながらでも走るの速いし、途中で何度も上半身だけでブルブルッとイキリながら楽しそうです。ほんと、すごいね、尊敬です。













去年、実家のベランダで鉢植えの綿が見事に花をつけ綿が採れました。捨ててしまうのはもったいないのでもらって、糸につむいで何か作ってみたいなぁと思いつつ放置していたのですが。
なんとか、形になりました!
DSC0007320080312.jpgこの小さな小物入れのかご。
紡いだ糸で編んでみました。









DSC0007120080312.jpg手のひらサイズです。糸がぼこぼこなのと編むのも下手なのでいびつですが、あの綿がこんな風になるんか~と感動。







簡単な手順を言いますと。
cotton1.jpgこれが採れた綿。中には硬い種があるので取り除きます。この作業手が痛い~!




昔は綿打ちといって弓みたいな道具で叩いて繊維をほぐしたらしいのですが、このご時勢、そのような便利道具は持って無いので羊毛用のカーダー(これももちろん持ってません)に似ているうさぎのトリミング用のスリッカーを使い綿の繊維をほぐします。似ているから使えるかもって思ったけどほんまに使えるもんですね。
ほぐした綿を薄く延ばして適当にくるくるっとちくわみたいに丸めて左手に持ちそこから少しずつ綿によりをかけて引き出し紡いで行きます。この紡ぐ道具をスピンドルと言うようです。これは家にあったお箸とゼムクリップと厚紙で作りました。糸を紡ぐまでいろいろ調べていてもなぜあんなすぐに千切れてしまう綿が糸になるのかイメージがわかず不思議でしょうがなかったのですがやってみたらあらあら、自然に糸になってくるのです。スピンドルをゆっくり引っ張りながらくるくる回して撚りをかけると自然に綿のほうにも少しずつ撚りがかかって糸が引き出されてくる感じなのです。おぉ~!感動の瞬間です。
全部紡いだら別のものに巻き取って束にします。このときに巻きつける道具の長さを測って巻いた回数を覚えておくと糸の長さがわかります。ちなみに今回22メートルくらいありました。
このあとふっとしたお湯にこれをどーんとつけて撚りを定着させます。写真撮り忘れましたがそのときちょっと縮んだように思います。
冷めるまで放っておいて、その後絞って乾かします。下に重しをします。何が良いか見渡すと手提げ用の簡易取っ手があったのでそれを使用して重しには買い物袋に本やジュースのペットボトルなどを入れました。
そして乾いたらできあがり~!(^^)




糸を紡ぐのはまだまだ慣れないので太さが手縫い糸みたいにほっそーいところや毛糸みたいにふっとーいところなどばらんばらんでしたがすごく集中するし面白い作業でした。毎日コツコツちょっとずつ。頭すっきりしてとっても気持ちが良いです。

種があるから今年はうちのベランダに植えてみようかなぁ~?


小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。