スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣医さんでぶたさんに変身!

アントンの日記
03 /04 2008
antonio120080304.jpgお天気も良いしさぁ、ドライブにレッツゴー!


じゃなくて、今日は恐怖のワクチン接種に獣医さんへGO!

受付してから順番を待っているところ。
まだおとなしいのですが、このあとまたあの悪夢が・・・。
とにかく診察室に入ると人格(猫格?)がコロッと変わってしまい、可愛い顔をしてシャーシャーと火を噴きうぬぅぅぅぅ~~~、ぎゃおぉぉぉおぉ~!!!!!と家では聞くことのないうなり&叫び!体重を量るだけでも看護師さんにうなり、軽く脅しを。(やめなさい)
体温測定ではのた打ち回り叫びまくり噛み付こうと牙をむき看護師さんも「体温はもう良いですね(汗)」ということで結局測定不可能。(やめてー)
そして先生に注射をしていただく際には看護師さんが必死で押さえ込んでくださりなんとか終了ー。
その間、必死のアントンさんはついに「ふがっ!ぶひっ!ぶひっ!ブゥッ!ブウッ!!!」とぶたさん声で抵抗を!
うちでもしかしてぶたさん飼ってたっけ???
とふざける余裕もなく注射が終わってから先生が診察室から出て行かれた後、診察室中を逃げ回りその辺の診察に必要な用具もなぎ倒し・・・・(頼みますから、やめてください~)

そうこうしていると心配してくださった看護師さんが「○○さん、これ使ってください!」と持ってきてくださったのが洗濯アミ!おぉ~、まさに神様からの贈り物!
それを使わせていただくとすんなり捕まえられました。本当に助かりました。ありがたやー。

診察室からは洗濯アミを上半身にかぶせられ大きなバスタオルでぐるぐる巻きにされた姿でキャリーに入れることもできず抱えて連れ出されたアントンさん。
待合室で待っておられた方々も「ありゃりゃー・・・・。」な表情

診察室から出ることさえできればいつものアントンさんに。
車では「んにゃっ!」とぶりっこ声できゅんきゅん鳴いてぶたさんから可愛いにゃんこに戻るのでした。

PA0_0955-120080304.jpg家に帰るとお疲れさんでぐったりアントンさん。
ほんと、お疲れ様ー。
ついでに旦那さんも私もぐったりー。アントンさんと一緒にごろんと川の字に。


今回洗濯アミを使わせていただいて思ったのがこういう見通しの良いもののほうがアントンさんはおとなしいのかもしれないということ。タオルで捕まえようとしていたけどそれが帰ってまわりが見れなくなって怖かったのかも。
早速洗濯アミ、買いに行こう。あ、でも次は一年後でしたね。


アントンさんが必死に火を吹いてい怒っている顔がとっても可愛いなぁと、捕まえながらもそんなことばかり考えていた私でした(完全にバカ親)





PA0_0939-120080304.jpg僕もうぶたさんに変身するの是非遠慮したいねんけどな。














小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。