スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極猫アントン

アントンの日記
10 /07 2006
おやじ座りを記念して
おじき座りのアントン奉行
PA0_0103.jpg
やいやいやこれが目にはいらぬかニャ


panzyanton-11.jpg
桜ふぶきならぬ、パンジーふぶきニャ

コメント

非公開コメント

isakaさん

そんなふうに言って頂けると照れくさいようで嬉しくもあります。ありがとうございます。
アントンがうろうろいていた場所のすぐ目の前は公園で、この中にアントンを入れて捨てに来たのだろうな、と思われる段ボール箱がその日の朝まで降っていた大雨のせいでぼろぼろになっていたのを今でも思い出します。きっとアントンは一生懸命この箱から出て通り過ぎる人に助けを求めていたのでしょうね。たまたま、あそこで出会えて本当に良かったと思っています。
きっとみんな、いろんな出会いがあってそれぞれが大事な出会いなのでしょうね。

こんにちは~。
アントンちゃん、幸せですね。
小鉄さんの愛情が感じられます。
私も見習わねばと思います。
ところで、アントンちゃんもですが
お母さんはどんな猫ちゃんだったか
我家もそう言う話をしますが、
親元を離れて一人立ちして人間と一緒
にいて絆を作り生活している。凄いことです。
お母さんも今のアントンちゃんを見たら
きっと愛されていることが判り嬉しいと思います。
良かったね、アントンちゃんv-343

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。