スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件はベランダで起きた!

アントンの日記
08 /09 2006
月曜日の晩のこと。夜中の2時ごろにさぁ、寝ようと電気を
消して横になって少し経ったころアントンがいつものように
「んにゃっ」と鳴き始めました。
アントンはたいていの夜、私たちが寝ようとすると「んにゃっ」と小さな声で鳴き始めそれでも私たちが無反応だったりすると
起き上がるまで家中猛ダッシュします。

なので、「また、はじまった~」と思いながらじっとしていたら
今度は「うぅ~」という獣医さんでしか聞いたことの
無い声が!

おかしいなと思い起き上がり見てみるとアントンは窓際で
ベランダの向こうをじっと見ながらう~う~うなっています。
「アントン、大丈夫大丈夫。ねんねしよ」となだめるもアントンは
どんどん興奮している様子で立ち上がって窓に張り付いています。

ちょうど台風が迫っていたので風も強くベランダの植木などが
ざわざわ言っていたのでそれが気になるのかな、と思いベランダに
目をむけてみると、ん?向こうの方でなんか白い物が動いたかな?
白い何かベランダに置いてたかな~?

もういっぺんじっと目を凝らしてみると・・・。
「!」やっぱりなんか動いてる!早速旦那さんが見に行ってみると
まさかの「白いなんか、おるで!」という返事が!

まさか~、ここ7階やし何がおるのん?

で、電気をつけてみてみるとそこには真っ白いフェレットが!
なつっこいようで窓越しにこちらへ寄ってきて「中に入れてや」
と言ってます。
でもアントンは大興奮!「んにゃっ!」とか「う~!」とかもう
あっち行ったりこっち行ったりで大騒ぎ。

こちらも動物はいろいろ飼ってますがフェレットははじめてで
ちょっとたじろぎましたがとりあえず保護しよう、と入れ物を
持ってきて保護に成功!

そういえばお隣のお宅でフェレットを飼っています。小さいころに
見せてもらったことがあって白い子だったのを思い出しました。
きっとその子が逃げ出したに違いないと言うことで夜遅いし
メモだけお隣さん家に入れて眠りました。

翌日やはりお隣さん家のフェレットだったことが判明し無事に
おうちに帰っていきました。良かった・・・・。
アントンが見つけてなかったらベランダから落っこちたりしていたかも
知れないね~。
PA0_0035.jpg ほんまやなぁ。僕も猫の手が借りたいわ~

コメント

非公開コメント

えりかさんへ

フェレットも可愛かったですよ。
飼い主さんに返したら喜んで飼い主さんの手を
ぺろぺろしてて「やっぱりわかってるんやな~」
って思いました。

動物ってやっぱりなんでも良くわかってるもんですね。

フェレットちゃん無事に保護できて良かったね~本当に落ちてたら・・・と思うとゾッとするわv-12フェレットの可愛さに目覚めてたん違いますかぁv-10

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。