レオナルドダビンチ元気出して!

バラ・レオナルドダビンチ
06 /30 2012
レオナルドダビンチの元気良く伸びたシュートの先に咲いた可愛い花


IMGP362120120628.jpg


太い枝にはこんな風に房になって花を咲かせるのですね~

はぁ~、いくらでも眺めていられますぅ~


しかしながら、2番花を咲かせる準備が整っていないようで
新しい芽があまり伸びていません。



根元付近から伸びている枝もなんだか黄色く枯れこんでいるのもあるし
どうも株全体的にイマイチ元気が無いような・・・。

IMGP363520120630.jpg

この枝は切り落とした方が良さそうです。


水のやりすぎ
でもそう思って少し水遣りを控えると、今度は水切れにさせてしまうし、
ほんと、鉢植えの水遣りは難しいです。


土の表面が乾いたらたっぷりと水遣り、が原則ですが、
マルチをしていると割と土の表面がいつまでも湿っているので
それで水遣りをしなかったらしおれてしまったりするのです・・・
難しい~


う~ん、まだまだ修行が足りませぬな





一方、元気な方を紹介します。

こちらはバジル グリーク。
スイートバジルよりも葉が細かくて料理に使う時には葉を刻む手間が省けるかも

DSC_872320120628.jpg

さすがにバジル、手がかからず元気いっぱいでどんどんこんもりと繁ってきます。
でもスイートバジルのように伸びすぎる事も無くて、それにこの葉の美しさは
観賞用にもぴったり


水遣りなどで触るとバジルの良い香りがしてお腹が減ってくるという特典も



そしてこちらは、クリムゾンクローバーの花です。
赤い花は元気が出ますね。

DSC_872720120628.jpg

夏の暑さが苦手だそうで、この夏を乗り切れるかどうか・・・・。
頑張って欲しいところです。


なんだか梅雨らしく蒸し暑くなってきたので、人間もペットも植物も
バテないようにパワフルに夏越ししないといけませんね

スポンサーサイト

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。