FC2ブログ

かぼちゃ供養 京都の巻

アントンの日記
07 /26 2007
京都に行きたいと話していたら雑誌「SAVVY」が京都特集だったと旦那さんが喜び勇んで買ってきて情報収集を。
すると!衝撃のお祭りが!それは・・・。
DSC_315120070726.jpg
中風まじない鹿ヶ谷カボチャ供養
毎年7月25日に京都の伝統野菜のひとつのひょうたん型の鹿ヶ谷カボチャを煮炊きしたものを参拝者に振舞い健康を祈るお祭りだそうです。

カボチャを供養するのかと一瞬勘違いしましたがどちらにしてもうちでは相当なカボチャ好きが約1名(1匹)いますので行かない訳にはいきません!
昨日は朝から出かける予定のところ急なハプニングのおかげで結局お昼過ぎから出発。到着が午後2時ごろで供養は午後3時まで。何とか間に合うかな~とのんきな2人は適当に駐車場に車を止めて京都散策開始です。

と、その時目に入ってきたのは「縁切り神社」の文字。
そうそう、こちらも行きたいねと話していた神社です。「安井金比羅宮」と言うのが本当の神社の名前です。
悪縁を切り良縁を結んでくれるというありがたい神社です。
たまたますぐ近所に車を止めたのも何かの縁でしょう。
DSC_299120070726.jpg

この穴の中をまず表側から縁を切りたいことを願いながら通り、帰りは裏側から縁を結びたいことを願いながら通ります。
簡単に通れそうに見えて意外と狭かったです。



DSC_301720070726.jpg

このお札に願い事を書いて先ほどの穴の上に貼り付けます。
これでお参りが終了です。
みんなのお札を見ると
「鼻水から縁が切れますように」
「パチンコから縁が切れますように」
などなど、どれも切実です。




DSC_302220070726.jpg
ふと見ると神社の屋根で青い目のにゃんこが休んでいました。そこ、涼しいの?(^^)




さて、のんき者2人はここで結構時間を費やし気がつけばすでに2時半頃でした。でも何とか間に合うでしょうと地図を見ながらテクテクと八坂さんを通り過ぎ知恩院へ。昨日の京都は気温が32度くらいあったようでうだるような暑さの中テクテクと歩きます。知恩院について地図を見ても「安楽寺」はどこにも見当たりません。お土産売り場のお姉さんに「安楽寺」を尋ねてもちょっと「?」の表情。
少し不安な気分に。親切に地図で調べて頂き結局その場所(知恩院)からは1時間ぐらいはかかると言うことが判明!
と同時に3時にあわせていた携帯のアラームがむなしく響いていました・・・。

「まにあわへんかった~、しょうがないか~」と諦めたのですがお寺だけでも見てみようと言うことになり徒歩ではとても自信がないので車で移動です。


DSC_304220070726.jpg
はい、一気に車でびゅんっと移動して「哲学の道」までやってきました!
ここからまた徒歩でテクテクです。哲学の道、平日のせいか人もまばらで落ち着いていました。ここの桜は有名です。



歩くこと約10分
DSC_305220070726.jpg
安楽寺に到着しました。既に4時を少しまわっていました。
入り口に入ろうとしたら「まだ、やってるで!カボチャ食べてって」といううれしいおじさんの声が!
諦めていただけに相当嬉しかったです。来た甲斐がありました。



中へ通して頂き
DSC_306220070726.jpg

こんな大きなカボチャの煮物を振舞っていただきました。
甘辛く煮付けてありとってもおいしかったです。
煮付ける前のかぼちゃ、そうとうかわいらしいフォルムです。




DSC_308320070726.jpg
お庭も素敵でした。
テレビニュースのカメラも来ていました。家に帰ってから実家の母親から電話でいきなり「今日はカボチャ食べる日やったんやで」と唐突に言われ驚いてしまいました。このニュースを見ていたのだとか!
そのお寺に行っていたと話すと今度は母親が驚いていました。



一方うちのかぼちゃの王子様はこんな風にカボチャ供養しました~!
再生してすぐにアントンさんの可愛いお声が聞こえます。ご注意ください。



このかぼちゃ、実は菜園で採れたものです。
小さかったですがほくほくしておいしかったです。(でもほとんどアントンさんが食べました)



DSC_314420070726.jpg
おなかいっぱいになったにゃ。かぼちゃん、ありがとね
スポンサーサイト

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。