ベランダいっぱいのひらひらクレマチス

クレマチス
07 /07 2013
5月のベランダはバラ以外の植物も満開でした。

クレマチスも元気いっぱいでたくさん咲きました~。



早く咲き始めたのはテンテルです。

DSC_670120130529.jpg

ヒラヒラ波打つ花びら(?)が涼しげですね。



クレマチスのつぼみも可愛らしいです。

DSC_695820130529.jpg

しべの黄色もさわやかです。



このような感じでベランダの一番奥側、部屋側に誘引しました。

DSC_695320130529.jpg

テンテル、プリンスチャールズ、ロマンティカ、フローレプレノ(メアリーローズ)
の4種類でクレマチスのカーテンを作ろうと思い、これでも足りないのかな
と思ったのですがすごい勢いでつるが伸びてしっかりとカーテンに
なってくれました。




毎朝のつるの誘引も追いつかずしまいには
ほぼ放置でつる同士が勝手にからまりあってそれでもなんとか
形になったかな・・・・

DSC_749020130626.jpg

写真の奥側はレオナルドダビンチやクレマチスベティコーニングが
咲き始めた頃でした。





ベティコーニング、ひらひらベル型で香りもあって
大好きなクレマチスです。

DSC_670920130529.jpg






この小さな花もクレマチスです。

DSC_672820130529.jpg

ずっと欲しかったけれど諦めていた
ピクシーです。

たまたま近所のホームセンターにて最後の一株
らしく残っていたのを発見して連れ帰りました。
まだ小さな株ですがこの後も次々可愛らしい花を咲かせてくれました。
香りもあるのです。
これから大事に育てたいです。




こちらはプリンスチャールズです。

DSC_689720130529.jpg

昨年は1年生苗で迎えてあまり元気が無かったのですが
今年は元気いっぱいでたくさん咲きました。





テンテルとロマンティカとプリンスチャールズ。

DSC_757620130529.jpg

ここに白い色もあると良いのでは、とまた
頭の中で新しい品種を検討します。



ロマンティカの色は写真でうまく撮れません。

DSC_748720130626.jpg

この色は本物とは随分違います。
もっと深い紫色です。





深い紫と言えばこちらも。
トリカトリです。

DSC_759820130529.jpg

とても美しい色で、しべとのコントラストは
何度見てもため息です。




気持ちゆっくりめに咲き始めました。

DSC_764120130529.jpg

コーネリアと。





ロゼットみたいです。

IMGP488020130623.jpg


DSC_763520130529.jpg

ちなみに奥にちらっと見える黄色はグラハムトーマス、ピンクは
ビアンヴニュ、写真下に見える青の小花はオキシペタラムブルースターです。





フローレプレノは遅咲きでやっとみんなと一緒にコラボしました。

DSC_764920130529.jpg

八重でゴージャスですが花の大きさが控えめなので
ちょうど良いです。



DSC_757720130529.jpg



誘引してある場所はベランダの一番奥で
しかも、その前では洗濯物を干したりして
まったく直射日光は当たらないので
花つきがどうなるかなと心配しましたが


DSC_769020130529.jpg

これだけ咲いてくれればもう満足です。


DSC_765120130529.jpg

ちなみに、花が咲くまでは追肥とともに
2週に一度程度のペースでペンタガーデンも使っていました。


ベランダガーデニングの強い見方

植物がすくすく育つ!ペンタガーデン PRO 350ml【関東当日便】【RCP】
【液肥】ペンタガーデン PRO/350ml *1本売り*



このおかげかどうかはわかりませんが今ではなんとなく
手放せなくなっています。



IMGP488320130623.jpg



他の花たちと一緒にブーケにして
ご近所さんやお友達のところへもらっていただきました。



DSC_773420130529.jpg



育てた花で、たくさんブーケにできるのは幸せだなと
今年初めての経験でした。



DSC_772420130529.jpg


最後までお付き合い頂きありがとうございました。

皆様良い一日を


スポンサーサイト

ベランダで満開のレオナルドダビンチ

バラ・レオナルドダビンチ
07 /04 2013
今日もご機嫌アントンさんです

IMGP496020130704.jpg

先日の通販で購入した、鉢が入っていた小さなダンボール箱が
たいそうお気に入り。

こうやって一人の世界に浸っていらっしゃるようです。
この箱、当分は捨てられませんね。


さてさて、ベランダ(&仕事場)ではバラの2番花がちらちら咲き始めています。

IMGP496920130704.jpg

ラローズドゥモリナール、グラハムトーマス、 コーネリア


他に、ナエマ、レオナルドダビンチ、仕事場ではルイーズオディエ
も咲いています。
ところがもうすぐ咲きそうと待ち焦がれていたピエールドロンサールの
2番花の蕾が昨日大きな穴が開いて何かの虫に食べられているのを発見

結構たくさん食べられていたので少々がっくり来ています・・・
残りのつぼみは被害にあわないように目を光らせなくては~。


そして、こちらはクレマチス ベティコーニングの2番花も
たくさん咲いています

20130704bety.jpg

ひらひら、そして良いかおり。




さて、ココからは5月のベランダの様子です。
本日はレオナルドダビンチです~

またもや同じような写真が続きます、お許しくださいませ


咲き始めです。

DSC_668420130529.jpg

昨年、花期が同じだったクレマチス ベティコーニングと
コラボしようと思い試したらバッチリでした




咲き始め。

DSC_671020130529.jpg



葉が密集して茂った奥のほうの日が当たらない花は
こんな色に。

DSC_696220130529.jpg

違う品種のようですね。





ベランダ西側に誘引しているのですがあまり風通しが良くないので
うどん粉病など心配していたのですが、まったく出ず

DSC_696520130529.jpg






つやつやの葉っぱもりもりでつぼみもたくさんです。

DSC_696920130529.jpg

香りがないと言われますが咲き始めの頃青りんごのような
とっても良い香りがします。




ベティーコーニングと。

DSC_755320130529.jpg

房になって咲いています。

少し咲き進んだらこんな感じに。

DSC_761120130529.jpg

え?同じような写真ばかりもういいですか。
でも微妙に違うでしょ





どんどん咲いてジャングル状態になってきました。

DSC_755520130529.jpg



黄色のは、ペッシュボンボンです。

DSC_757420130529.jpg




おぉ、ジャングル~

DSC_757520130529.jpg

少しこれでは茂りすぎですね。






あとでクレマチスの切り戻しをしてわかりましたが、
ベティーコーニングのつるがこのジャングルの生みの親でした

DSC_756620130529.jpg

結構茂って風通しも良くなさそうなのでどうしたものかと
考えて・・・。






それで、切り戻し後はバラのほうへは誘引せず別の支柱を張って
そちらに誘引したのが上の2番花の写真です。

DSC_756820130529.jpg





でもこうやって見てみると2種のコラボは良くお似合いですね。

DSC_757220130529.jpg





DSC_758720130529.jpg






DSC_758920130529.jpg




ベランダでここまで咲いてくれるとは嬉しいです。

DSC_759320130529.jpg




この頃はベティコーニングの香りがベランダに満ちていて
毎朝深呼吸でした。

DSC_760820130529.jpg




しっかりした花びらで花持ちも良くてとても大好きなバラです。

DSC_761320130529.jpg




でも、そのせいで長い間、木で咲かせすぎたのか今はちょっと
元気の無いダビンチさんです。

DSC_767820130529.jpg

1週間ほど前にバイオポストを入れて腐葉土も足してマルチングを
しっかりとやり直してメネデール&菌の黒汁で様子を見ています。
それでも小さい2番花を今朝咲かせてくれていました。

健気ですね。




この写真の葉に白いしみのようなものがあるのが見えますでしょうか。
この頃、このジャングルがどうやらすずめの寝場所になっていたようで
これはすずめの排泄物なのです。

DSC_768620130529.jpg

たまにすずめがうちのベランダに住み着いていたことがありますが
まさかバラのジャンブルに住み着くとはちょっと驚き、
でもちょっと嬉しいような

今はスッキリしたダビンチさんなのですずめもやって来ていなさそうです。




最後までお付き合い頂きありがとうございました。
皆様良い1日を

ようこそベランダに新入りさん♪

その他ベランダ全体・DIYなど
06 /29 2013
今朝もとても涼しくて清清しい朝でした。

いつも6月ってこんなに涼しかったですかね?
少し前に夏日があったのでまひしているのでしょうか?

おかげでアントンさんはエアコン無しの生活ができて
毎日ご機嫌さんです。

IMGP494520130629.jpg

ご機嫌さんの広い背中。

しっぽが、しっぽが・・・・かわいいぃぃ~


いいんです、親ばかで


横から見ると~。

IMGP494820130629.jpg

むちむちしたあんよもかわいいですね

かわいいでしょう、そりゃぁ

さんざん、まわりで騒いでおりましたらこの表情。

IMGP495120130629.jpg

ほんまはうれしいくせにぃ~





やんや、やんやはこのくらいにして。




今朝のベランダです。

まだ、5月のベランダの様子を全部記事にできていないのですが
(え、まだあるの~とか思った方、まだあるのですよ、
すみません
ちょっと最近のベランダでもどうぞ。


まずはアサイチのお客様です

IMGP495220130629.jpg

大きく見たい方は
画像をクリックされてみてください。

びっくりしました
うごめくものが、と目をやるとこの方でした。
子供の頃はよく素手で捕まえて「じーじー鳴いとるー」と
喜んでいた思い出がありますがさすがに
今はそんなお年頃でもなく・・・。

でも、初めてうちのベランダに来たので
「うちのバラもようやくカミキリムシにも認められたか・・・」と
ちょっと誇らしい気分も頭の片隅にありました。

どのバラかが被害にあっていないかチェックしてみましたが
私には見つけることはできず・・・。

ご本人様には速やかに大自然へお帰りいただきました。
(割り箸で挟んでポイ)

また来るかな・・・・


さて、気を取り直して。


最近新しく仲間入りしたベランダの植物をご紹介です。


まずはチェリーセージ。

IMGP495320130629.jpg

昨年もお迎えしたのですが、お☆さまにしてしまい
今年もリベンジです。
花屋さんで開花が終わったものを格安で販売されていました。
うまくベランダになじんでくれます様に。



お次は
マダムプランティエの新苗。

IMGP495620130629.jpg

やっちゃいました・・・・。
もうつるバラは増やすまいと決めていたのに・・・。
しかも一季咲きですよ。

でもでもついつい、ネットで見ていたら
目が合ったんですよぉ。
ずっと欲しいなぁと思いながらも「いやいや待てよ」と
思いとどまっていたのに・・・・。

初めてのアルバです
元気に大きく育ってもらいましょう~



続きまして
ミニバラのスノーシャワーです。

IMGP495720130629.jpg

こちらもずっと欲しかったバラです。
どちらかと言えばこちらを先に見つけて、他に何か無いかな~と
探していたらマダムプランティエもあった!という
感じです。

鉢も一緒に買いました。
うちはほとんどスリット鉢で育てていますが
スノーシャワーは強いと言うことなので
この鉢に。

目に新鮮でお洒落でございます。



そして最後に
ベゴニア クリーミーファンタジーです。

IMGP495820130629.jpg

初ベゴニアです。
八重のお花が可愛いです。

これからの季節が苦手とのことなので
このベランダを気に入ってくれたら良いのですが。



以上の方々が新入りさんたちです。
これからの猛暑のベランダで元気に過ごして欲しいものです。



さてさて、こちらは昨年適当に挿し木にしていた
ペッシュボンボンです。

IMGP495920130629.jpg

ずっと放置していて枯れたかなと思ったら
新芽が出て、また枯れたかなと思ったら新芽が出て
の繰り返しをしていたのでさすがにちゃんと植え替えました。

元気に育ってほしいな。(いまさら?ですが
でも、でっかくなるから誰かにもらってもらわねば。

親の株はなんだか今元気ないです。
沈黙しています。



そして、こちらはやっと咲き始めた
ラローズドゥモリナールの2番花です。

IMGP495520130629.jpg

いつもいつも夏でもずっと咲き続ける元気印さんです。



最後までお付き合いくださりありがとうございます。

皆様良い1日を

ピエールドロンサール ゴージャスに♪

バラ・ピエールドロンサール
06 /25 2013
ムシムシ暑いような、でも窓を開けていると
結構風が心地よくて涼しいような、中途半端な
お天気ですが


アントンさんはご機嫌さんです。
久しぶりに動くアントンさんです



休みで我々が家にいると、一緒に起きていようと
頑張るアントンさん、寝ても良いのに。



さて、バラは仕事場のピエールドロンサールです。
5月の初旬頃から開花し始めました。

DSC_650220130529.jpg







ご近所にも数件のお宅にピエールドロンサールが植えておられる
のですがどちらももっと早く開花していたので、うちは
咲かないのでは?と心配しましたがのんびりと咲き始めてくれて
ほっと一安心でした。

DSC_701720130529.jpg







とは言え、結構ブラインドも多くて
全然花が付かない長い枝も何本かありました。

DSC_705620130529.jpg






しっかりとした太さのあるつるなのになぜ、ブラインドになるのか
不思議です。

DSC_723420130625.jpg







考えられるのは春に少し水が足らなかったのかな?
と言うことです。

DSC_725720130625.jpg





うーん、やっぱりかわいいですね。

DSC_701820130529.jpg



このくらいがちょうど良いような。

DSC_713620130529.jpg






つぼみが開くにつれてどんどん大きくなって
開ききるとすごいでっかい薄ピンクの豚まんみたいと
思ってしまいます
失礼・・・・

DSC_702820130529.jpg

ピンクの豚まんの写真はあいにくありません





名無しのピンクのクレマチスちゃんは
今年すごく大きな花を咲かせてくれて
ピエロンさんともタイミングばっちりあいました。

DSC_723120130625.jpg






う~ん
一番満開くらいのときの写真でしょうか。

DSC_722920130625.jpg

左の白はつるアイスバーグです。
この頃には通る方から
「いつも楽しませてくれてありがとねー」なんて
声をかけてもらったりと、知らないうちに
見てくださってる方もいらっしゃるんだなと思うと
嬉しいものですね。




雨のしずくでいっそう美しく

DSC_713920130529.jpg




つるアイスバーグとピエールドロンサールは
ほぼ同じ時期に咲き始めて2週間弱くらいで
咲き終わりました。

DSC_723520130625.jpg

待ち焦がれた開花ですが
ほんと一瞬で終わってしまいましたね~
寂しいものです。
でも来年の誘引など、すでにいろいろ思い描いているのであります


ピエロンさんはちらほらと2番花のつぼみがあがっているのを
今日発見しました。
アイスバーグはまた来年まで。


最後までお付き合いくださりありがとうございました

ナエマ初挑戦のつる仕立て

バラ・ナエマ
06 /23 2013
ようやく梅雨らしく雨もしっかり降って
気温も落ち着いて。


アントンさんはご機嫌のようです。
飼い主に似た大きな体でご機嫌振りを見せてくれます。

IMGP493720130623.jpg

特に私の母のことが大好きでしょうがないアントンさん。

母が来たらそれはもうすごい喜びようです。犬のように
お腹出してひっくり返って母の足とか手とかいろんなところに
スリスリ、いや、ゴシゴシというほうがあってるかも(笑)

いつでも面白いアントンさんです。



今はガリガリウォールという巨大爪とぎが大のお気に入り。

IMGP493820130623.jpg

立てて使うものですが、アントンさんは横にして
その上でゴロゴロ使用する派なのだそうです
こうやって手をついて寝る姿が可愛いです



さて、デルバール続きですが
ナエマをご紹介しようと思います。


今年のナエマは昨年延びた2メートル近いシュートを
横に倒して誘引してみました。
初めてのつる仕立てです。

が、その全体像の写真は無いのですが

DSC_670020130529.jpg


つぼみが膨らむまでベランダの最前列で日向ぼっこをして
ちょうど、開花かなという頃にすごく暑くなってきて
急いでベランダ奥に移動してもらいました。



やはり噂通りステムがながいですね

DSC_696120130529.jpg




おぉ、はなびらがぎゅうぎゅう

DSC_678620130529.jpg

初代をコガネで枯らして、このナエマは2代目です。
昨年見切り品大苗をホームセンターで見つけて
昨年はなんとなくぱっとしなかったのですが




今年は本領発揮してくれました。

DSC_696620130529.jpg






8号ロングスリットでつる仕立てはきついだろうかと思いましたが
幸いつるは1本のみでしたのでなんとか頑張って
くれたようです。

DSC_754220130529.jpg






とにかく良い香り~

DSC_754520130529.jpg

ベランダでは、わりと最後のほうの開花でしたが
ちょうどまだ咲いていたベティコーニングの香りなどと
一緒になって本当に良い香りに包まれたベランダでした。






長くてしっかりしたステムですが花が房になって付くし

DSC_755020130529.jpg

花びらぎゅうぎゅうで重たいのでしょうね。
高い場所に誘引しましたが
みんな下を向いてこちらに顔を見せてくれて可愛いたら
ありゃしない



やさしいこの色。

DSC_760120130529.jpg

本当に清楚で品があって美しい








今は花も終わったので、枝を少し整理してまたベランダ最前列へ移動
してもらいました。

DSC_763020130529.jpg






その後、今は元気良くベイサルを2本ビューンと1メートルほど伸ばして
その先にまたつぼみをつけ始めています。

DSC_769120130529.jpg

ご機嫌がよさそうでなにより。






退色してきたレオナルドダビンチと。

DSC_771620130529.jpg



ベティコーニングもお邪魔して。

DSC_771720130529.jpg



咲いていたほかの花と一緒に。

DSC_773820130529-01.jpg

ナエマ、ペッシュボンボン、プリンスチャールズ。


つる仕立てのナエマさん、とてもたくさん咲いてくれて大満足です
ただ、こちらも育てる人に似たのかとてもガタイが大きく
葉も茎もなんだかすべてが大きいこのナエマさん。

狭いベランダではやはり切り詰めて木立ち仕立てに
するほうが良いのかしらんといろいろめぐっております。
今年は来年まで悩むことにします。


最後までお付き合いくださりありがとうございました。

皆様良い1日を

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。