どこまで伸びる鉢植えアイスバーグのシュート

バラ・つるアイスバーグ
08 /04 2012
朝はせみの大合唱で目が覚める毎日ですが、空はなんとなく
すがすがしさを感じる雲ひとつ無い青色です。



DSC_917920120801.jpg


でも太陽の日差しもきつくなる朝9時ごろになると
雲がもくもく出てきます。





仕事場にあるトレニア。
湿気を好むのでじゃんじゃん気にせず水やりできます。

DSC_918120120801.jpg


週に1回液肥を与えておくと次から次へと花を咲かせてくれます。

花がらつみも追いつかないくらいです
実際追いついていないので種も出来ているのか
こぼれ種からの発芽と思われる小さな芽が鉢の中に
たくさんです。


ちゃんと、別に植え替えてあげれば育つのでしょうが
場所も無いのでそのままです。ごめんよ~。




トレニアの手前に写っていたのはこちら、スイートバジルです。

DSC_918420120801.jpg

バジルの花、すごく可愛いですね。
花を咲かせると香りや味が落ちるので食用の場合は花をつけないように
摘み取りますが食べる方はバジルグリークに任せたので
こちらは花を楽しんでいます。

ちなみに、バジルグリークの花は白でした。
油断した隙に咲いていて、写真を撮るのを忘れて摘み取ってしまいましたが
とても清楚な感じの可愛らしい花でした。





そしてこちら、太陽に向かってぐんぐんと伸びているのは
つるアイスバーグのシュートたちです。

DSC_919020120801.jpg

既に4メートル近くになっています。
鉢植えでもこんなに伸びるなんて驚きました。来年はどんな風に
誘引しようか本当に楽しみです。

ちなみに、このシュートを支えるために210cmの支柱を2本
つなげたものを使用しています。
当然シュートの先のほうを支柱に結びつけるためには脚立が無いと
届きません。

うちには160cmくらいの高さになる脚立があるのでえっさほいさと
運んでさぁ、いざ、勢い良く登ってみたら・・・・。

途中でハッとあることに気が付いて・・・・。


私、高所恐怖症なんです~


でも、このまま結びつけずにあきらめるわけには行かないし
私一人で他に助けを求める人もいない。まさか通りがかりの人に
お願いするわけにも行かず。



歯を食いしばって登りましたよぉ~
でも一番上まではやはり登れず、上から2番目でガクガクしながら
絶対に下を見ないようにして大急ぎで仕事完了して、脚立に
へばりつくようにしながら降りたのでした・・・。


実際にはたいした高さでもないのでしょうが、いざ登ってみると
意外に高さを感じてほんまに怖かったです。
私は、庭師さんになることは出来ないなとがっかりしたのでした。
スポンサーサイト

今頃咲いた、つるアイスバーグ

バラ・つるアイスバーグ
06 /16 2012
とうに開花も終わった、仕事場においてあるつるアイスバーグですが
今頃ぽつんと遅れて咲いてくれました。

DSC_837220120615.jpg




小さい花ですが、他に花がないところに咲いてくれると嬉しいものです。

DSC_837420120615.jpg

雨が当たって?痛んでいるのかな。


すごいシュートを既に160センチの私の頭を超える高さまで伸ばしてくれています。
来年はどうなる事か。楽しみであります。




こちらは、仕事場の自治会の会長さんからポーチュラカの苗をたくさん頂いたので
ハンギングにしてみました。

DSC_846720120615.jpg

6月12日の様子です。
スカスカ(笑)
翌日にはしっかり上を向いていました。
西日がきつい場所なのですが暑さに強いポーチュラカなら得意なんじゃないかなと
期待しています。
これからどんどん伸びて繁ってくれたら良いなと思っています。







つるアイスバーグ チュウレンジハバチに好かれる

バラ・つるアイスバーグ
05 /27 2012
昨日、古いお客様とお話しをしていましたら
最近始まった趣味の園芸の「ローズセミナー」を見てバラを育て始めた
とのこと

なんと、半年間のバラ講座まで受け始められたのだとか

周りに園芸仲間のいない私にとってはうれしい事で話が盛り上がります~

と、あーでもないこーでもないといろいろ話している最中に
つるアイスバーグの茎にあの悪名高き、黄色いお腹のヤツを発見


DSC_750220120519.jpg


とっさに「チュウレンやぁっ捕まえなければっ」と使命感に燃えた私は
素手で(胴体を持つのはためらわれたので)羽を持って取り除こうとしました。

逃げるのかなと思いきや、まったく動こうとせず。
良い度胸しているな、と思いましたが良く見ると既に卵を産みつけようと
お尻を茎に差し込んでいる模様・・・。


ひゃぁ~
もう半パニック状態で、胴体をつかむべく、ティッシュを持ってきて
引っ張ると・・・・・
結構、しっかり茎と一体化している感覚が。。。。


そして次の瞬間なんとぉ~・・・・


DSC_783120120527.jpg

お、お、お、お尻だけが茎に残ったまま~~~
きゃぁ~っ

さらにさらに、近くの別の枝にもう一匹発見
半パニックさらに


なんかもう思いっきり取り除いて一件落着・・・・。はぁ・・・。



読まれていて気持ち悪くなられましたらごめんなさい

美しいアイスバーグの写真でちょっと我に返りましょう
落ち着け~落ち着け~。

DSC_783720120527.jpg


居合わせたそのお客様、「ちょうど講習会でこの虫の事習ったばっかりやわ~
ってグッドタイミングぶりに興奮されていました(笑)


ニームも散布していますがやはりこのくらいの大きさの虫には
あまり効果が無いのかもしれませんねぇ。

それにしても、ヤツも子孫を残すために命がけだったんでしょうね。
実際私に捕まってしまったし・・・。そう思うと気の毒ではありますが
でも許してね




そういえば、このアイスバーグ昨年一本枝で購入した時既にハバチの
孵化した跡がありました。
よっぽどチュウレンジハバチはアイスバーグがお好みなんでしょうね。
周りのバラは今のところ被害なしです。多分・・・・。



泣く泣く産み付けられた枝を切り取りました。
よく見るとたてに傷が入っています。

DSC_824820120527.jpg

これが孵化したらこれまたスプラッタ感満載なんですよね~

これからの時期、こんな事で毎日見つけられるのでしょうか。
もうクタクタになりそうです~




つるアイスバーグ頑張って開花し始めました

バラ・つるアイスバーグ
05 /19 2012
数日前から、つるアイスバーグが咲いてきています。
このところどんどん緑が変化していってなかなか追いつけないです


DSC_735820120518.jpg



つるアイスバーグも昨年新苗で迎えました。
これが、「ザ・」と言う状態で、葉っぱが2枚ほどだけ付いた1メートルほどにまっすぐに1本伸びた茎、しかも天辺はパッツリ切られており、札がかかっていなかったらバラとは気が付かない見かけでした。



DSC_731520120518.jpg


とりあえずでも昨年は家のベランダで養生しながら育ってくれて、一本枝から細いひょろひょろした枝をわりとたくさん伸ばしました。

どれも直径5ミリ程度のひょろっこい枝ばかりで花が咲くのかと心配しましたがそんな枝からもたくさん蕾をあげて今頑張って咲いてくれています。
しかし、仕事場は昼から日当たり良くなるのでこれからの季節西日がきつくて花がすぐにチリチリになってしまいそうです



DSC_750520120519.jpg


そして、ちょっと気になるのは葉っぱの色がなんだか薄く葉脈が目立っていること。
今は18リットルの鉢に植え替えたばかりなので根詰まりでもないだろうし、でも根っこが弱っているのかなと心配しています。

鉢に直射日光が当たるのでこれも早く対策をと思っているのですが重い腰がなかなか上がってくれません
これから真夏になるのに、急がないと


DSC_751220120519.jpg


最近良く広告で見かける「リキダス」がちょっと気になっているところです
根っこ強くするとか
良いな良いな、その響き~

今はメネデールや菌の黒汁をあげたりしています。




とは言え、根元あたりから元気なシュートが4本ほど出始めています
昨年は一本枝のままだったので今年はどんどんシュートを伸ばして枝が増えてくれるとうれしいな



おまけに、これはつるアイスバーグの足元においてあるワイルドストロベリー。

DSC_736320120518.jpg

花が咲いたなと思っていたらもう赤い実をたくさんつけています。
甘い香りを当たりに振りまいています。
ランナーでどんどん増えるので知人、お客さまなどにもらって頂いているのですが嫁入り先でも元気に実を付け出している様子でうれしいです。



小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。