マダムピエールオジェ 2番花咲きだしました♪

バラ・マダムピエールオジェ
06 /07 2012
今朝、マダムピエールオジェの2番花が咲いているのを発見しました


oje20120607.jpg


1番花よりも一回りくらい小さくて4センチくらいでしょうか。
コロンとしてて可愛いねー
やはり色は・・・・・濃いですねぇ
むむっ・・・やはりラレーヌビクトリア疑惑ぬぐえず(笑)
どちらでも良いですけれども




それにしても、うどん粉が猛威を振るっていてあっちもこっちも葉も茎も
ヒラヒラくにゃくにゃ。
花首もこのとおり

oje0220120607.jpg

でもここ数日、2日おきに2回ほどアグリチンキ+ハッパ乳剤でジャブジャブシャワーしたら随分良くなってきました。。。
ついでにハダニもシャワーで洗い流してやるっと思ったのですが
ハダニは打たれ強いというか、なかなか減らないものです。
根気強く毎日葉の裏チェックするしかなさそうです。




スポンサーサイト

マダムピエールオジェ 2番花のつぼみたくさん!

バラ・マダムピエールオジェ
06 /02 2012
早咲きのマダムピエールオジェ、最後の1番花をカットし終えないうちから
2番花のつぼみを上げ始めました。


IMGP343020120531.jpg




あんなにたくさん花を咲かせたのにまだまだガッツあります
もう、色付いてきたつぼみもあります。


IMGP343620120531.jpg

でも1番花の時よりは小さいように感じます。







あっちにもこっちにもたくさんです。

IMGP344820120602.jpg

でも、ちょっと頑張り屋さんすぎるようでうどん粉が新しく伸びている
場所にたくさん出てきました。
隣に置いてあるレオナルドダビンチも新芽にうどん粉いっぱいなので
お互いに仲良くうどん粉を分かち合っているのか・・・。
このオベリスク仕立ての鉢はコンクリに囲まれたベランダ西側に置いてあるので
風通しもあまり良くないのだと思います。


おまけに、オジェさん葉ダニにも好かれているようで~。
美しい方には悪い虫が付くのですねぇ

出来る範囲はせっせとガムテで取りますがあんまり大変なところは
ほとんどが古い葉なので、葉ごと取り去っています。

今のところ、新葉もたくさん展開しているので古い葉を少々
取り除いても影響は無さそうです。




そして、グングン急成長しているベイサルもどきシュートはあっという間に
こんなところまで

IMGP344920120602.jpg

150センチのオベリスクを簡単に超えて今180センチくらいになっています。
本当に頑張り屋さんです。でもやはりこのシュートの若葉もうどん粉まみれ~

そんなに頑張らなくてゆっくり休みながらで良いよ~



そう言えば、仕事場においてあるルイーズオディエも同じ頃に1番花を
咲かせましたが、しばらくの間沈黙していて最近やっと小さな新芽を
伸ばし始めました。
シュートの姿もまだ見ていません。

本当にマダムピエールオジェですか?

バラ・マダムピエールオジェ
05 /13 2012
今朝も早起きして一旦仕事場のバラなどの様子を見に行き
今帰ってきて朝食済ませて久しぶりにパウンドケーキを焼いています。

母が大好きなので、ささやかですが母の日に、と思いまして
本当は1日2日寝かせるほうがおいしいのですが、だいたいなんでも迫って来ないと
できない性質でして(笑)

このパウンドケーキは、私が子供だった頃で祖母がまだ健在だった当事に母が
「おばあちゃんがこれ好きやから」と帰省の度によく焼いて持って行っていたもの
なのですが、とにかく具が多い
ドライフルーツ&ナッツがザクザクッ

それを思い出して作っています~。
おぉ、なんとなく焼けてきた良い香りが漂ってきましたよぉ~

母へ、と言いながら、結局私が一番食べたりしそうですが(笑)




さて、調子よく元気に咲いてくれているマダムピエールオジェです。
最初の頃に咲いた花は痛んできたものもあるので摘み取りますが
ベランダで雨も当たらないせいかとても長く咲いてくれているように思います。

DSC_674320120509.jpg

午後からはほぼ半日陰みたいになるのも良いのかもしれませんね。





はて、それにしても、マダムピエールオジェとはこのような色でしたかね(笑)

DSC_676720120509.jpg

もう少し透き通るような白に薄ピンク色が乗るのかと思っていましたが~
季節などによって違ったりするのでしょうかね

綺麗なので良いですけれどね

本当はラレーヌビクトリアなんじゃないかと、睨んでいます




優しいピンク色です~。

DSC_676920120509.jpg

花びらは散らずにずっと花のままでいてくれます。
健気や~



そうそう、こんなに綺麗な花を咲かせながら足元からは元気なシュートを
伸ばしているのです

IMGP310420120513.jpg


このシュートを大事に大事に、来年のために。







今朝摘み取った花がらたちで遊んでみました。

IMGP310020120511.jpg

かわいい・・・

でもスカビオサが本当にカサカサ(笑)
このスカビオサ、今年購入したのですが、暑さが苦手と言うから夏越し
が課題になりそうです。




ベランダの花とつぼみたち

バラ・マダムピエールオジェ
05 /03 2012
雨は止んで涼しい朝です。
このくらいの方が花が長く咲いてくれて良いですよね。

まずはマダムピエールオジェ。
嬉しくておんなじような写真ばかりが増える増える

IMGP302920120503.jpg

でも嬉しいからしょうがない~



蕾と一緒に

IMGP303220120503.jpg

やはり、オベリスクに巻いてある上のほうから咲きます。
下のほうにも枝先があれば良かったようですがなにぶん、2年生で枝が少なくて
来年は今年伸びた枝で下のほうにも枝先を作るようにしてみましょう。






こちらはグラハムトーマス。
いよいよガクが開いて来ましたよぉ

IMGP302220120502.jpg

蕾を嗅いでみますが、早すぎたかまだ香りませんでした。
気が早すぎですね

トーマス君はこの1輪と次のもう1輪咲いて貰ってあとは摘蕾して養生して
みようと思います。



さて、先日完成したキャスター付きラティスに誘引したつるバラ コーネリア
蕾がどんどん膨らんできました。


と、良く観察していたら・・・
蕾に群がるアブラムシ発見
ゾッとする光景だったので写真は無しです(笑)で、速やかにガムテープ
登場となりぺたぺたと貼り付けご退場頂きました。

昨年、まったく見ることの無かったアブラムシですが、あんなに群がるとは
ビックリ・・・・。
今後も目を光らせないといけませんね

IMGP302520120502.jpg

コーネリアは小輪のアプリコットがかった可愛い花を房になって咲かせます。
昨年新苗で迎え夏じゅう摘蕾し、秋には良く咲いてくれました。
香りも良くて小さい花なのに良く香り、朝方のベランダに出るとコーネリアの
香りでいっぱいだったりしました。

今から楽しみです~。




そして、花盛りオダマキチームです。
グリーンアップル。開くと白くなります。開き始めのグリーンも綺麗。

IMGP301020120502.jpg

ホワイト、という品種もあるのですがどうも同じようにしか見えません。
まだホワイトは拓きかけなのでもう少し様子を見てみないとわかりませんが。



そして、こちらはローズバロー。開花しました。優しいピンク

IMGP300620120502.jpg

が、こちらもノラバローと良く似ています。良く見ればノラバローのほうが
グリーンが強く出ているかも知れないですが・・・。



ちなみにこちらがノラバロー。

IMGP300820120502.jpg

似ていませんか
ま、一緒でも良いのですけどね~お花が多いのは嬉しい事です



そして、この坊ちゃま。
遊べ遊べときりが無いです(笑)
7歳のおじさんですが気分は子供。

IMGP303820120503.jpg

椅子遊びで興奮している時の1枚です

マダムピエールオジェもうすぐ開花!ノラバローも開花

バラ・マダムピエールオジェ
04 /29 2012
ゴールデンウィークが始まりましたね。
我が家はこの間も通常通り仕事で2日(火)だけ休みなので
その日はちょっとゴールデンウィーク気分を味わえそうで楽しみです



とても良いお天気で昼間の気温上昇も手伝っているのか
バラたちの蕾がどんどん大きくなってきています。

中でもブルボンのマダムピエールオジェがガクが割れてそろそろ咲きそうに
なって来ました

IMGP297220120429.jpg

この状態で鼻を近づけてクンクンしてみると、もうあま~い香りが
昨年は新苗でずっと摘蕾し続け、お花を見ることは出来なかったので
(正確に言えばひとつだけ摘蕾もれで咲いたお花があったのですが「どちら様
なお顔だったのです)
今年本当に楽しみです。



ちなみにうちにあるデルバールとイングリッシュローズ以外のバラは
すべて昨年新苗で迎えたものなので花を見るのがとても楽しみなのです。
しかも、売れ残りと思われる子達ばかりでうどん粉で茎がぐんにゃり曲がっていたり
黒点で葉っぱがほとんどなくなっていたりと痛々しい子達ばかりでした。


それでも、元気にグングン育ってくれて今年は花を咲かせてくれそうなので
可愛くてしょうがないです



さて、オダマキブラックバローですが次々と開花しています。
蕾の形は、キンポウゲ科だからかクレマチスの蕾と良く似ていますね。


IMGP297520120429.jpg

オダマキ開花第2号はノラバローです

IMGP297720120429.jpg

ホワイトのほうが早く蕾をつけたのにノラバローがグングン追い上げて
今朝ポンッと咲いてくれていました

うつむいて咲く姿がなんとも言えず美しいですね~。
でも写真撮影は難儀ですけどね

小鉄

猫のアントニオ(アントン)の日記です。

ちびちびアントンがおばさんの飼い猫のように、後を付いてまわっていたところを発見!!
おばさんに聞くところ猫がついてきて困っているとうじゃありませんか。というわけで拾ってきて我が家の一員になりました。
特に特技はないですが、自己主張の方法は噛み噛み
することです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。